NEO-QUEENDOM

2008.06.12

「NEO-QUEENDOM」好評発売中。そして・・・

「NEO-QUEENDOM」が創刊されてからはや一ヶ月が経ち申した。今の
ところ売れ行きの方もまずまず、といった様子・・・お買い上げ頂いた方々
には参加者を代表して心より御礼を申し上げますぞぅ。そして今後も
変わらぬご愛顧の程を、宜しくお願い致し申す~。

ただソレに伴い、今回の本に対する賛否もちらほら。「値段がちょっと・・・」
「知らない作家が・・・」といった具合に。確かに各々仰る事は至極ご尤も。
今回馳せ参じて下さった作家陣は必ずしも「筋肉美女」に造詣の深い方
ばかり、とは呼べないかもしれませぬ。故に人によっては取るに足らぬ
一冊に成り果てておるやも・・・ですが、今後この企画を束ねていく者として
敢えて言わせて頂こう。

『当然、このままでは終わらんよ!』

そんなワケで次回からはバトル様より「NEO-QUEENDOM」の暖簾を
拝借し、不肖の身ながら某がこの企画の舵を取り、我が「百萬石」にて
刊行を推し進めていく手筈が整いましてございますれば・・・参加者一同、
筋肉美女を心から愛して止まぬファンの皆様の期待に僅かでも応えられる
べく、そして更なる飛躍の糧とすべく、その向けられた批評の全てを甘んじて
受ける覚悟でおりまする。

ここまでの苦労の甲斐もあって、今後に向けての体制の基礎はほぼ
完成を見る事ができ申した。それも全てはこの「創刊号」が、この本を
待ち望んだ「ファンの皆様」があったればこそ・・・ま、ココまで事を大きく
してしまった以上、我々もここから退く心算は毛頭ござらん。我等の
心意気、しかと受け止められぃ!

ナンか景気のいいハナシばかり並び立ててしまってますが、何はともあれ
新ジャンルの確立を目指し、業界の大海原へと漕ぎ出した「NEO-QUEEN
DOM」。次号は秋頃の刊行を予定しております。乞うご期待~

・・・しかし当初はただ何となぁく参加した小生でしたが、気がつけば企画の
中心に居座っていたりするんですからナンとも摩訶不思議アドベンチャーで
ございますなあ(気分は九江王・英布?)。

筋肉美女を愛でし同胞達よ、皆の期待は決して裏切りませんゾ。そして
次の「約束の日」を信じ、今暫し猶予を頂きとう御座いますな。


shine『いざ往かん、我らが理想成就のために!』shine

|

2008.05.01

「NEO-QUEENDOM」遂にお披露目~

大変永らくお待たせいたしました。本日より「バトル本店」にて
例の本の販売が開始されましたヨ、奥さん!

所狭しと配置されたどデカいボードを皮切りに、店内は描いた
本人ですら軽く引いてしまうほどの「ナンの祭りを始めてくれ
ちゃってんの?」状態でしたが、まぁ新たな筋肉美女メディア
誕生の門出を飾る祝砲はこのくらい派手にいかにゃあね、って
コトで。(バトル様、本当にアリガトウゴザイマスタ)

年齢&学歴詐称騒ぎを尻目に、GW期間中もし秋葉原にお立ち
寄りの際には是非ともお手にとって頂きとう御座いまする~。


・・・っと、忘れるところでした。今はなき「QUEENDOM」代表の
小林サマがこの記事をどこかでご覧になって頂けている事を今は
ただ願わずにはおれませぬ・・・我らが悲願、此処に成せり!


|

2008.04.07

『かあちゃん辞令だ!オレ管理人になったよ!』

ようやく入稿も済み、あとは刊行を待つばかりとなった
「NEO-QUEENDOM」ですが、春という事もあってか
ちょいと人事異動がございまして・・・ナンと小生がmixi
「NEO-QUEENDOMコミュ」の管理人を拝命する事と
相成りましたヨ!shine

ま、だからって即座にどうというコトもないんですが、
こういう役職を任されればそりゃ気も引き締まろうと
いうモノでございます。

しかしホント、筋肉美女メディアの未来のためにもこの本、
売れてくれるといいなぁ・・・

|

2008.03.19

『《続報》筋肉美女アンソロジー』

いやー、ちょいとしたアクシデントがございまして、急遽4ページの
追加支援をいたしました。コレで小生は「表紙」「マンガ8ページ」
そして「追加イラスト4ページ」による参加と相成り申した。まぁ
コレでようやくそこそこの手柄は確保できますかのぅ。shine

あとは刊行を待つばかり・・・はてさて、どんな反応が見られる
コトやら。

|

2008.03.11

『筋肉美女アンソロジー』

・・・なる夢のよーな企画にこのたび緊急参戦し、「表紙」「マンガ
8ページ」なぞを担当いたしますた。詳しくはホームサイトにて
チェックされたし!downwardleft

NEO-QUEENDOMオフィシャルサイト

なお微妙~に商業誌じゃなかったりしますんで念のため。
(合同誌に近いネ)

執筆期間が限られておったためボリューム不足は否めませぬが
今年一発目の仕事としてはなかなか満足のいく内容になって
いると思いますワ。興味がおありの方は是非ともお手にとって
頂きたく候。shine

|